BIOGRAPHY

鮎川陽子 アーティスト

1976年、福岡県北九州市、シーナ&ロケッツの鮎川誠とシーナの双子の長女に生まれる。高校卒業後から本格的にモデルとなり、OliveやSpringやCutieなどファッション誌に出演。また、海外でも永澤陽一氏やシャネルのパリコレクションで活躍した。幼い頃から絵を描くのが好きで、ポップアートや吉田カツ氏の絵に影響を受ける。モデルの活動の傍らデザイン会社に勤務し、デザインを学ぶ。ファッションブランドにてイラストTシャツなどをリリースするなどイラストレーターとしても活動した。

2017年に一時中断していたモデル活動を再開。クロイトリ展というアート展をカメラマンの大森直氏と共に行う。この時、初めて描いたアクリル絵画を持参したところ、当初の予定よりも大きく展示されることになった。絵が評価されたことで、画家としての活動をスタートさせた。公募展への参加や、表参道のラトゥリエでの常設展も開始。2018年9月伊勢丹新宿店に展示。

鳥が好きで、絵にはよく鳥が描かれている。カラフルな色使いで楽しい絵が特徴で、ジミヘンの曲のタイトルやブロンディーなども登場する。アクリルの他にクレヨンなども使ってキャンパスに描く。

<展示>
2017年12月 クロイトリ展 鮎川陽子 x 大森直


2018年 1月 クロイトリ展 アクア 鮎川陽子 x 大森直
    2月 クロイトリ展 都会 鮎川陽子 x 大森直
    5月 東京都美術館 平泉展出品
    9月 伊勢丹新宿店 鮎川陽子展

2019年 1月 国立新美術館 平泉展
    5月 東京都美術館 平泉展出品

2020年8月 DISKUNION 鮎川陽子展 Rock and Rolling

<仕事歴>

2020年9月 本「命は美しい」 国広 典代著 カバー絵

2020年2月 シーナ&ロケッツ「LOVE BOX」7インチシングル アルバムジャケット

2020年5月 ファションブランド KEONI OF HAWAII(ケオニ・オブ・ハワイ)からアロハシャツ(ALL ALONG THE WATCHTOWER)を発売。


〈ファッションモデル経歴〉

1996年よりファッションモデルを始める。1997年宮崎シーガイアのキャンペーンに出演。1998年にはTRANS CONTINETSのポスター広告が話題となりファッションモデルとして本格的に活動をはじめる。まもなく数多くのファッション雑誌や東京コレクション等に出演し、海外ファッション誌ID(アイディー)に日本のトップモデルとして紹介される。 2000年海外のパリコレクションYoichi Nagasawaのファッションショーに出演し、パリ・トップモデルエージェントNEXTと契約。CHANELのパリコレクションに出演し浴びる。以後香港のエージェントTalent Bangとも契約、香港ファッション雑誌にも出演。2015年より拠点を東京に移して活動を再開した。 

「TV-CM」
オムロンヘルスケア pisu style (2003) , キリンビバレッジ トロピカーナ・ソルベ (2002) , 住友林業 (2002) , ライトオン (2001) , カルビー フルーツグラノーラ(2001) , 日本マクドナルド ふかふかアイスバーガー(1999) , 宮崎シーガイア(1997)/岩田屋(*) , ジャノメミシン(*) , 和光(*) 

「キャンペーン・広告」
サンスター VO5キャンペーン(2002) , HUSH PUPPIESキャンペーン広告(2002) , 4丁目目プラザポスター(2002) , 西武百貨店広告(2002) , 持田製薬広告(2001) , 集英社MORE広告(2000) , マガジンハウスananポスター広告(2000), L’EQUIPE YOSHIE INABAワールドキャンペーン(2000) , No Comcept & Good Sense広告(1999) , Trans Continentsキャンペーン(1998), Ozone Comunity広告(1998), 宮崎シーガイアキャンペーン(1997)